鉄分 サプリメント 副作用

鉄分サプリメントに副作用はあるの?

鉄分サプリメント

女性にとって、鉄分は大切な栄養素ですが、毎日少しずつ失われることに加えて、生理で出血するため、毎日食事などからの補給が大切だとされています。

 

そんな鉄分不足が気になる方で食事が偏りがちな場合、サプリメントで補うのがおすすめされています。
ただしサプリメントの種類や摂り方によって、体調面に影響が出る場合がありますので、摂り方はメーカーが定める一日の目安量や飲み方を守ることが大切です。

 

サプリメントは栄養補助を目的とした健康食品ですので、医薬品のような副作用というものはありません。ただし、鉄分は一日の耐用上限量が定められている微量ミネラルですので、サプリメントで摂る場合にも過剰摂取は回避する必要があります。

 

鉄分の過剰摂取

鉄分をサプリメントで摂る場合、吸収率の低いサプリメントを摂り続ける、また、目安量を超えて過剰に摂るということを続けると、体内に鉄分が蓄積され、健康面に影響が出ると言われています。

 

特に過剰に摂取することで起きやすい、胃腸面での便秘や下痢、他にも吐き気を感じるという点が厚生労働省の日本人の食事摂取基準(2015年版)報告書・微量ミネラルの中でも書かれています。

 

体内への吸収率を考えてサプリを選ぶ

鉄分には非ヘム鉄とヘム鉄の2種類があり、サプリメントで鉄分を補う場合、吸収率の高いヘム鉄を選ぶのがおすすめされています。
また、ヘム鉄の場合、必要以上の鉄分は体外へと排出されることや、胃腸への負担も少ない点もヘム鉄のサプリメントがおすすめされる理由です。

 

食べ物で摂取するのは大変な上に、鉄分が多いイメージがあるホウレン草など植物性の食べ物に含まれている鉄は、非ヘム鉄と言って、体に吸収されにくいため、体への吸収率が高いヘム鉄を含む食材からも摂取する必要があります。

 

1日の摂取量を守る

鉄分の1日の上限摂取量は

  • 18〜29歳の耐用上限量:男性50mg・女性40mg
  • 30〜49歳の耐用上限量:男性55mg・女性40mg
  • 50〜69歳の耐用上限量:男性50mg・女性40mg
  • 70歳以上の耐用上限量:男性50mg・女性40mg

となっており、この量以上を摂ると過剰摂取になります。
通常、鉄分サプリメントは1日で約10mgを補うものが多く、サプリメントの摂取量目安を飲んでいる場合、食事と合わせても過剰摂取にならない量になっています。

特に妊娠中の女性は貧血防止のために産婦人科で鉄剤を処方されるケースも多いため、一日の鉄分摂取量が目標摂取量を大きくオーバーしないように注意が必要です。

 

参考:日本人の食事摂取基準(2015年版)概要
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/0000041955.pdf
参考:日本人の食事摂取基準(2015年版)報告書・微量ミネラル
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000042638.pdf

 

安心して飲む為に作られたヘム鉄のサプリメント「美めぐり習慣」

 

美めぐり習慣は、ヘム鉄を豊富に含むことが特徴のサプリで、手軽に一日分のヘム鉄を摂取することができます。

 

美めぐり習慣は、安心して飲むための原料を使って作られているサプリで、鉄の吸収を良くするのに関わるビタミンや赤血球の合成を促す葉酸、ポカポカ成分の生姜エキスなど、鉄を補いながら毎日の健康習慣をサポートしてくれます。

 

美めぐり習慣