妊婦さんが鉄分を補うことが必要な理由

妊婦 鉄分

妊婦さんは経験があるかと思いますが、妊娠が分かると、産婦人科の先生から、水分をしっかりと摂ることと、鉄分をしっかりと摂りましょうというアドバイスをもらうことが多いです。

 

妊婦さんは、お腹の赤ちゃんが成長するにつれて、慢性的な貧血になりやすくなります。この状態を妊娠貧血と言い、普段の生活の中で、目まいや立ちくらみ、体調面にも影響が出てしまう場合があります。

 

妊娠中の貧血の症状は鉄欠乏性貧血がほとんどです。この鉄欠乏性貧血の症状は血中のヘモグロビンの主成分として使用される鉄分の他に肝臓や脾臓、骨髄などに蓄えられていますが、この蓄えた鉄分が不足してしまうことで、貧血の症状となります。

 

鉄分が不足し、ヘモグロビン量が低下することで、血液によって、酸素を供給する量が減ることで、貧血を起こしてしまいます。

 

妊婦さんは貧血になりやすい理由

妊娠するとお腹の赤ちゃんへ優先的に鉄分が送られます。この時に自分のために使用される鉄分が不足してしまう他、妊娠中期から、後期にかけては、体が出産、分娩に向かって血液の量が増えていく中で、血液中のヘモグロビンは増えないままとなり、貧血になりやすくなります。

 

多くの妊婦さんが中期頃から貧血の症状を産婦人科で指摘されるなど、妊婦さんにとって鉄分不足はとても身近ながら危険な症状とも言えます。
妊婦さんの鉄欠乏症は全体の約30%ほどとなっており、普段から栄養バランスに気を配っていないと鉄不足になりやすいと言われています。

 

妊婦さんの鉄分の必要な摂取量

妊娠していない女性が1日に必要とされる摂取量が約8.5mgに対して妊娠後期の女性は、約18.0mgとされています。
ただし、初期の女性は月経が無くなり、必要な量が減るため7.5mgとなっています。

 

妊婦さんが鉄分を補う方法

妊婦さんが鉄分を補う方法は、食事からの摂取、病院で処方される鉄剤、そしてサプリメントからの摂取があります。

 

基本は食事などで、鉄分を含むミネラルやビタミンなどを摂り不足した分を薬やサプリメントで補います。

 

鉄分を多く含む食べ物は?

 

貧血対策のお薬、鉄剤とは?

産婦人科での検診などで、貧血気味と診断された場合に処方される薬です。
妊娠後期に処方されることが多いです。

 

飲むと腸内で鉄が変化し、便が黒くなることがあります(処方時に説明があります)

 

鉄分サプリメントで食事を摂るように鉄分を補う

あらかじめ、妊娠中の鉄分不足を予防するために、鉄分が摂れるサプリメントを服用される方も多いです。
鉄分だけでなく、葉酸やカルシウムといった妊娠中に失われやすい栄養を補えるサプリメントなど、食事と同様に栄養を補う観点で摂る方が多いです。
ただし、妊娠中のサプリメント摂取は安全を考慮して、飲む前に医師の判断を仰ぐことが必要ですね。

 

妊婦さんの貧血はめまいといった症状だけでなく、出産にも直接影響します。
例えば、陣痛が弱くなり、出産が長引いてしまう、出産時の出血が止まりにくくなるといった状態を回避するために、産婦人科では貧血に対して鉄分を薬を使って対処するわけです。

 

 

妊婦さんは赤ちゃんの成長のために自分の体の栄養を送り続けています。
元気な赤ちゃんを産むためにも、栄養バランスの取れた食事と共に、不足しやすい鉄分を補いましょう。


 

 

美めぐり習慣